結衣きもの着方教室(甲東園・芦屋・西宮北口・西宮・仁川・塚口・尼崎・伊丹・芦屋川・高槻・茨木・千里山・吹田・千里丘・南千里・北千里・山田・牧落・豊中・庄内・江坂・緑地公園・池田・曽根)

きものトリビア

  • きもの編

    • 留袖

      既婚女性の第一礼装きものです。
      黒地に五つ紋(背に1つ・後ろ袖2つ胸に2つ)が入ります。
      仲人・親族の結婚式の際に着用するきもので、柄付けは、裾模様のみで、帯から上は5つ紋のみです。
      色留袖も第一礼装ですが、色留袖は紋の数が選べます。紋の数が1つ・3つの場合は略礼装になります。
      皇居に招かれたときは、色留袖の5つ紋が正式です。
      帯は、黒留・色留ともにきらびやかな袋帯を合わせます。

    • 喪服

      既婚・未婚問わず第一礼装のきものです。
      現在は喪服と言われる事が大半ですが、本来は紋付と言われるきものです。
      黒共帯(名古屋帯)を組合せると喪服として着用します。

    • 訪問着

      招待された結婚式・お茶会などの華やかな席で着用する準礼装のきものです。
      裾模様・左の衿から胸・左袖前にかけての繋がった柄・右袖後にあるものが代表的な柄付です。
      ほぼ同じ格で附下があります。
      違いは、附下は訪問着よりも柄があっさりしている事が多いです。
      柄の書き方が、訪問着は反物を断ち着物の形にして絵付けをします。
      附下は反物のまま絵付けをする事が一番の違いです。

    • 色無地

      色無地は、帯次第で略礼装・普段着と用途が変わる重宝なきものです。
      五役の江戸小紋(鮫小紋・行儀・あられ・角通し・万筋)も同様のきものです。
      寒色系や草色・ねずみ・あずき色などで1つ紋が入っていれば、1枚で慶弔両方に着用できます。
      紋を入れる場合は、縫い紋を一つ同系色の糸で入れる事をお勧めします。

    • 小紋・紬

      小紋・紬は普段に着用するきもの。
      お友達とランチや観劇などに最適です。
      小紋は縮緬などの生地に飛び柄の物が代表的です。
      紬は日本各地でおられてきました。
      現在でも有名な織物は大島紬・結城紬・お召などがあります。
      きものを楽しみたい方は、小紋や紬からスタートするのもいいかと思います。

  • 帯編

    • 袋帯

      袋帯1

      フォーマル・セミフォーマル用
      留袖・訪問着などに用いる格式高い袋帯

    • 袋帯2

      お洒落用袋帯。小紋・紬など普段着にもむすべれる袋帯です。
      柄の格によっては訪問着~紬まで幅広く結べます。現在では一番重宝される帯でもあります。

    • 京袋帯

      型は袋帯と同じですが、長さが短く作られているので一重太鼓で結びます。
      用途は名古屋帯と同じです。

    • 名古屋帯

      九寸名古屋帯

      大正時代に考案され、一重太鼓に結びます。もともと簡易帯として開発されたものなので
      紬・小紋などに結びます。九寸名古屋帯は芯を入れての仕立をします。

    • 八寸名古屋帯

      帯幅がそのままの幅で使える帯です。
      九寸名古屋よりもカジュアル感が増しますので、オシャレ帯のみとして結びます。

    • 小袋帯

      小袋帯は半巾帯より少し幅広で、長さは袋帯とほぼ同じ長さがある帯です。
      柄・織によってはセミフォーマル的な使い方ができるものがあります。

    • 半巾帯

      浴衣や普段に結ぶ帯です。

  • 小物編

    • 長襦袢

      フォーマル・・・白  セミフォーマル・・・やわらかい色物  普段着・・・柄物
      と基本的に大きく3つにわけれます。
      長襦袢には、半衿衿芯えもん抜きをつけて着用します。

    • 足袋

      履きなれない方はストレッチ素材がお勧めです。お遊びの時は柄足袋などでお洒落しましょう。
      正式な場所には白足袋でストレッチ性の無いものが基本です。

    • 下着

      肌襦袢+裾除け又はワンピース型の和装スリップがあります。
      用途は同じです。一人で着用の場合はスリップの方が簡単に着用できます。
      肌襦袢は吸水性の良いもの(ガーゼ・サラシ等)
      裾除けは裾捌きの良いもの(キュプラ・ベンベルグ等)

    • 補正道具

      補正は綺麗な着姿・着崩れ防止に一番重要なポイントです。
      タオル3~6枚をご準備下さい。それぞれの体型にあった補正が必要です。
      タオルの他に便利グッズがありますのでご紹介させて頂きます。
      和装ブラジャー腰パットファンデーション

    • 腰紐・胸紐

      素材は、モス・正絹・化繊・ゴム素材等があります。きもの、長襦袢それぞれに使います。
      ゴム素材は、腰紐にウェストベルト・・胸紐にコーリンベルト等がお勧めです。

    • 伊達〆

      きもの・長襦袢各1本ずつ使います。
      正絹博多伊達〆シャーリング等がありますのでお好みのものを使用しましょう。

    • 前板

      体の曲線を補正し、帯のしわを防ぎますので長いものをお勧めします。

    • 帯枕

      ガーゼを被せて使うと安定感が増します。枕の大きさは年齢・体型で選びます。

    • 帯揚げ

      帯枕の上に被せて使用する布地。
      綸子・縮緬・絞りなど帯〆の補色の役割があります。

    • 帯〆

      帯結びの仕上げに用います。平打・丸組・丸くけ等があります。
      帯〆が緩むと帯がほどけやすくなります、着姿のセンスのポイントでもあります。
      帯〆はきもの、要(かなめ)なのです。